診療科・部門案内

栄養科

概要

栄養科では、 「安全• 安心で美味しく」を基本方針とし衛生的で質の高い食事サー ビスの提供に努めています。 栄養士と調理師が一丸となり入院患者さまの症状や栄養状態に合わせた食事を提供する事で早期治癒を図り、 疾病予防や治療の一環として栄養のサポートをしています。
また、 チーム医療活動など他職種との連携により、 患者さまの栄養管理を行っています。 

特色

真空調理法・クックチルなどの新調理システムを導入しています。 これにより、衛生的で食材本来の味や栄養が失われず、美味しく召し上がっていただけます。さらに咀嚼(そしゃく)が困難な方にも、柔らかく、食べやすい食事の提供が可能となっています。 また、安全かつ、見た目に美しく召し上がっていただける食事の提供を目指した嚥下調整食に取り組んでいます。

選択食

患者さまがご自身で、2種類のメニューからお好みの料理をお選びいただける「選択食」を、 週2回(火・金曜日)朝食と昼食時に行っています。

行事食

入院生活においても季節を感じていただけるように旬の食材を使用し、 祝日や歳時にあわせた行事食を月1〜2回程度提供しています。

設備

パントリ 一方式を導入し、 各フロアにサテライトキッチンを設置し、 患者さまの顔を見ながら、 直接食事を提供することで、 患者さまの状態に合わせその場で細やかな調節を迅速に対応することが可能となっています。

業務内容

栄養相談

食事療法の必要な入院・外来患者さま(ご家族さま)を対象に医師の指示に基づき管理栄養士が栄養相談を行っています。

入院栄養相談

入院時には、医師の指示に基づき管理栄養士がベッドサイドにお伺いして患者さま(ご家族さま)と日時の調節を行い、栄養指導を実施致します。栄養指導を希望される場合は主治医へご相談ください。

特定保健指導

特定健診の結果、メタボリックシンドローム (または予備群) の該当となった方を対象に 生活習慣の改善を目的とした特定保健指導を行っています。 指導を希望される方は、医療保険者から特定保険利用券等が届き次第、日時を電話にてご 予約ください。


外来担当医表をみる