診療科・部門案内

看護部

概要

私たちは、笑顔とあたたかい心で、その人らしさを尊重した看護に努めています。
「思いやりのある看護」「確かな知識・技術に基づいた安全な看護」を提供するために、看護部では院内教育や委員会活動の充実を図っています。
また看護職員が誇りとやりがいを持って長く働けるよう託児所とも協調しています。

看護部の理念

一、 私たちは、患者さまの人権を尊重し、患者様の安全・安心を第一にやさしさ、思いやりを持った看護・介護を提供します。

二、 私たちは、専門職としての誇りと自覚を持ち、常に必要な知識・技術を習得し、看護・介護に生かします。

教育

新人・中途採用ともにプリセプター制度を導入し、個々の能力に応じて指導しています。
ラダー教育も取り入れています。

新人

中途

自由参加型の勉強会を開催しており、知識向上に努めています。また、看護協会主催の研修会や外部への研修会にも積極的に参加しています。

特色

病棟看護部の特色

2階一般病棟では1日に13人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。また、1日に4人以上の看護助手が勤務しています。3階療養病棟では看護職員(看護師及び准看護師)及び看護助手が1日に5人以上勤務しています。4階地域包括ケア病棟では1日に9人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。また、1日に4人以上の看護助手が勤務しています。

外来看護部の特色

外来診察時、医師の診察補助スタッフとして看護師とクラークがいます。看護師は診察介助や診察時の処置・関節注射等の介助、点滴や検査説明等を行います。クラークは診察時の呼びだしや診察介助、検査案内を行います。外来看護師・クラークは外来受診される方が、「このクリニックを受診して良かった」「また受診したい」と思って頂けるように「おもてなし・おもいやりの心」を忘れず、接遇に力を入れて外来診療補助へ取り組んでいます。

手術室看護部の特色

手術室では、外科と整形外科の手術に対応しています。手術件数は年間約650件で、外科では消化器、乳房、透析用のシャント造設、小手術等を行い、整形外科では骨折、脊椎、人工関節手術等を行っています。手術室看護師は患者さまが安全かつ安心して手術を受けられるように、入院患者さま全員に術前訪問を実施しています。また救急外来の対応もしており、24時間体制で急患や救急車を受け入れ、地域の医療を支えています。

業務内容

病棟看護部の業務内容

各病棟の患者さまの状態に応じた看護を提供していきます。治療の介助はもちろんのこと、患者さまが入院生活を安心して送って頂けるように日常生活の援助や看護を行っています。

外来看護部の業務内容

点滴室では、医師の指示による点滴・注射・処置などを行います。また特に具合の悪い方は、申し出て頂ければ診察までベッドに横になってお待ちいただくこともできます。

化学療法室では、化学療法やリウマチ患者さま等の生物学的製剤の点滴を行います。ベッドやリクライニング椅子とテレビが設置されています。専任看護師としてリウマチケア看護師が診療のサポートを行い、リウマチ患者さまの症状観察や日常生活へのアドバイスを行っています。

手術室看護部の業務内容

手術室看護のほかに、中材業務と救急外来の対応、健康診断や予防接種の介助を行っています。

外来担当医表をみる