診療科・部門案内

整形外科

概要

整形外科は、上は頸椎から下は足の先まで、骨関節の機能改善を目的とする科です。骨関節の機能の障害としては外傷、加齢に伴う骨関節の変形にとどまらず関節リウマチなど全身性の疾患に基づく場合もあり非常に広範囲の問題を取り扱います。
疼痛や機能障害を改善し、日常生活の質の向上に寄与することを基本理念に掲げ、その治療手段としては手術的治療のほか、保存的治療・リハビリテーションについても積極的に行っています。

一般整形外科

外傷(骨折、脱臼、靭帯・腱損傷など)、変性疾患(関節、脊椎など)、骨粗鬆症、リウマチといった整形外科一般の疾患を幅広く扱い、地域のみなさまに安心・信頼される診療をモットーに、保存的治療に加え手術的治療(人工関節、脊椎固定術など)まで行える施設づくりを目指します。

リハビリテーション科

病気や怪我によって、動きにくさが生じ、日常生活が困難になります。我々セラピストの専門的な知識や技術を用いて、身体を動かしやすくし、生活のしやすさを向上します。

リウマチ科

診断から薬物治療、手術に至るまで一貫したリウマチ治療を行っています。太田メディカル整形外科
では、関節をはじめとする運動器に障害を起こすリウマチ性疾患の治療を行っています。

足の外科

岐阜県で足専門の施設があるところは少ないです。当院では、外反母趾、足関節捻挫、扁平足、変形性足関節症など外傷、変性による疾患を診ています。さらに他院(愛知県が中心)と連携し、より充実した診療ができるように日々努めています。症状で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

特色

整形外科

当院の整形外科は、一般診療としての外来診療のほか手術治療も行っております。現在常勤4人体制となっており、外傷、人工関節、脊椎、スポーツ整形、リウマチと幅広く診療を行うために4人すべてが日本整形外科学会認定整形外科専門医を有しております。また、3名が日本体育協会公認スポーツドクターの資格を、2名が日本リウマチ学会専門医を有しております。小児から超高齢者まで幅広い年齢層を対象とし、主に変形性関節症、骨粗鬆症、脊椎疾患、四肢の外傷、関節リウマチなどの整形外科疾患に対応します。

リウマチ科

近年関節リウマチの研究が進み、関節の破壊は発症早期(発症後5年以内、とくに2年以内)から始まっていることが分かってきており、早期診断、早期治療介入の重要性が言われています。関節リウマチの薬物療法は近年目覚ましい進歩を遂げており、免疫の異常を抑える方法である免疫調整薬と免疫抑制薬の使用、サイトカインの働きを抑える方法である生物学的製剤の登場により、多くの患者さまで痛みや腫れなどのない寛解の達成が可能になりました。
しかし、徹底した薬物療法を行ってもコントロールが不十分な患者さまや、併存症により十分な薬物療法が行えない患者さまでは、関節破壊が進行し機能障害を来してしまうことが少なからずあります。そのため薬物療法が主体となった現代のリウマチ治療においても、手術療法が必要となることがあります。当科の特徴は診断から薬物治療、手術に至るまで一貫したリウマチ治療を行っていること、また多くの患者さまを長期にわたり継続的に診ていることです。

実績

外来担当医表をみる